映画『最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~』公式サイト|8月8日(土)ロードショー
映画 『最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~』
8/8より、新宿シネマカリテほかにて順次ロードショー

好評デジタル配信中!
以下のサービスにて、お楽しみいただけます!( ※順不同 )

iTunes
青山シアター
アクトビラ
Amazon
GyaO! ストア
Google play
TSUTAYA TV
DMM.com
dTV
ひかりTV
U-NEXT
楽天ShowTime

※U-NEXT、楽天ShowTimeは9/16(水) 15:00より配信開始となります。
※対応デバイスや配信開始日は、ご利用の配信サービスによって異なります。詳細は各社サービスにてご確認ください。
※Google Playロゴは、Google Inc.の商標です。

2015年12月2日(水)DVD発売!!
2015年12月2日(水)DVD発売!!
R15+
最新情報はこちらから!

映画『最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~』公式サイト

世界唯一のペニス博物館。だが決定的なヒトの標本が足りない!世界初の1本を目指した漢<オトコ>たちの爆笑と感動のドキュメンタリー。

8月8日(土)ロードショー
新宿シネマカリテ他全国順次

配給:ギャガ

概要写真
場面写真

ペニス代表はどちらに輝くか!?

アイスランドの港町フーサヴィークにある世界で唯一の“ペニス博物館”。
男性器の魅力に取りつかれた館主の”シッギ”が、40年間にわたり収集した、ほ乳類の標本が展示されているが、彼が死ぬ前に叶えたい夢があった。

それはヒトのペニスを展示すること!
候補のペニスは2本、
《アイスランド代表》300人と関係をした元・プレイボーイの名士95歳のパゥットル・アラソン氏“VS”《アメリカ代表》自らのペニスを“エルモ”と呼ぶ中年カウボーイのトム・ミッチェル氏!
果たして、博物館の珍コレクションを完成させるのはどちらのペニスなのか―?

 2011年アイスランドでも話題になったペニス人類代表の展示の裏側を暴く本作は、世界の映画祭に出品され″驚愕の1本″(Twitch Film.Com)と注目された珍ドキュメンタリーが、いよいよ今夏公開となります!

登場人物

アイスランド代表 VS アメリカ代表

パゥットル・アラソン

アイスランドを代表する著名な冒険家、
アイスランド・フーサヴィークの地元の名士、300人以上の女性と関係を持ったという元・プレイボーイ。

トム・ミッチェル

カリフォルニア州、サンタ・イネス山脈に住むビジネスマン。 自身のペニスを“エルモ”と名付け、さらにはアメリカ国旗のタトゥーと入れるという偉業!?を成す。
ペニス博物館

シグルズル・”シッギ”・ヒャールタルソン

1941年生まれ、アイスランド大学歴史学部にてBAを取得、その後スコットランドのエジンバラ大学にてラテン・アメリカン・ヒストリーのM.Litt.の学位を取得。37年間中学校で教師・校長として歴史を教え、その後26年間はレイキャビックのHamrahlio カレッジで歴史とスペイン語の教師として活躍。2004年に教師を引退しフーサヴィークへ。歴史とスペイン語の教科書を含むラテン・アメリカン・ヒストリーについての本を20冊執筆している。
◆ペニス博物館:http://www.phallus.is/en/
写真シグルズル・”シッギ”・ヒャールタルソン

シグルズル・”シッギ”・ヒャールタルソン

シグルズル・”シッギ”・ヒャールタルソン

1941年生まれ、アイスランド大学歴史学部にてBAを取得、その後スコットランドのエジンバラ大学にてラテン・アメリカン・ヒストリーのM.Litt.の学位を取得。37年間中学校で教師・校長として歴史を教え、その後26年間はレイキャビックのHamrahlio カレッジで歴史とスペイン語の教師として活躍。2004年に教師を引退しフーサヴィークへ。歴史とスペイン語の教科書を含むラテン・アメリカン・ヒストリーについての本を20冊執筆している。
◆ペニス博物館:http://www.phallus.is/en/
写真パゥットル・アラソン

パゥットル・アラソン

パゥットル・アラソン

アイスランドを代表する著名な冒険家、
アイスランド・フーサヴィークの地元の名士、300人以上の女性と関係を持ったという元・プレイボーイ。
写真トム・ミッチェル

トム・ミッチェル

トム・ミッチェル

カリフォルニア州、サンタ・イネス山脈に住むビジネスマン。
自身のペニスを“エルモ”と名付け、さらにはアメリカ国旗のタトゥーと入れるという偉業!?を成す。

スタッフ

場面写真

製作・監督:ジョナ・ベッカー

製作・監督:ジョナ・ベッカー

 トロント出身、アメリカン・フィルム・インスティトゥートを卒業、在学中にStan Margulies Awardの奨学金を獲得。
その後、本作の製作会社であるCitizen Jonesを設立。2012年トロント映画祭に正式出品された“LUNACY!” の製作に携わり、本作にて製作・監督としてデビュー。
テレビ業界を中心に活躍し、これまでの映像製作でパーム・スプリング国際映画祭でシネ・ゴールデン・イーグル賞、トロント映画祭で携帯電話用の映像制作にてモビフェスト賞を受賞するなど今後のさらなる活躍が期待される。

製作・監督:ザック・マス (自身のオフィシャル・サイトより)

製作・監督:ザック・マス (自身のオフィシャル・サイトより)

カナダのクィーンズ大学、NY大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツにて映画を学ぶ。
ユニークな人間やクリーチャーをモチーフにしたTVコマーシャル、映画の製作者として活躍する彼は、コーク、フォルクスワーゲン、ソニー、コムキャスト、NFL(米ナショナル・フットボール・リーグ)で働いたのち、コマーシャル・ディレクターとして活躍を始める。そして世界3大広告賞のひとつであるカンヌライオンズ国際クリエイティブ・フェスティバルで賞を受賞するなど称賛を得てきた。
2014年に監督したKマートのためのコメディ短編映画のシリーズは、ウェビー賞(国際デジタル芸術科学アカデミー(IADAS)によりウェブサイトに贈られる賞)を受賞、You Tubeにて視聴回数5,000万以上の大ヒットとなった。さらに、彼の短編作品はNY近代美術館(MoMA)に永久コレクションとして展示されている。

音楽:ロブ・シモンセン

音楽:ロブ・シモンセン

1978年3月11日ミズーリのセント・ルイスで生まれ。
数多くの映画音楽を手掛け、LAを拠点に活躍する作曲家である。
代表作は『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)、『(500)日のサマー』)2010)、『ライフ・オブ・パイ』(2012)、『フォックス・キャッチャー』(2015)、”The Age of Adaline”(2015)等。